貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

欲望だけが人類を変える

製作総指揮 : YaNac
(本 Web ページは、原則として敬称略で文章が作られている)

−最終更新日−
2018年 5月25日
(新日記はこの下で連日更新)


10/27
「探検隊の栄光」
「キングスマン」
上記弐本を映画批評・壱に追加



 5月25日 [THETA]

 Oculus「Oculus Go」を、先日試す機会があったので、試した。
 結論。

 これは面白いっ!!!

 だがしかし。
 同時に思った。
 こいつを楽しむには、RICOH「THETA S」の解像度では足りない、と。
 現在持っている全天周カメラは、RICOH「THETA S」とKodak「4KVR360」。

 「4KVR360」は、解像度はともかくスティッチング(360度カメラは、二つのレンズの画像を合成する必要がある。その合成作業のことをスティッチングと言う)の作りこみが甘く、かなりはっきりと「切れ目」がわかる。
 球で撮ると興ざめなので、最近は“片方のレンズだけで撮影できる”という機能を使って、ほぼ片側だけでしか撮影していない。

 「THETA S」は、動画の解像度が足りない。


 これでは、「Oculus Go」で撮った動画を楽しめないじゃないかっ!!!


 ということで、RICOH「THETA V」購入


 解像度が「4KVR360」に匹敵する、使い勝手が「THETA S」。
 になっていれば、良いなぁ・・・


 5月19日 [OVER DRIVE]

 いろいろとやらねばならんことを片付ける。
 このままではイカンな。

 ということで、やはり色々あって映画館・・・には、行く時間が無かったので、映画の前売り券を買う。
 6月公開の羽住英一郎「OVER DRIVE」

 羽住英一郎監督は、「逆境ナイン」のような面白い作品も「銀色のシーズン」のような残念な作品も撮っており、“当たりはずれの大きな監督”という印象だ。
 今回は、全日本ラリー選手権らしい。

 私は首都高を使ったWRC(世界ラリー選手権)日本GPの開催すりゃ良いのにと思っているので、予告編で首都高をラリーカーが走るシーン(CGだろうが)が入っている時点で見に行くのが決定だ。

 ・・・面白くなっていると良いなぁ。


 5月 2日 [「いぬやしき」「名探偵コナン」劇場にて鑑賞]

 本日は朝から映画館へ。
 さてと、何を見ようかな・・・

 佐藤信介「いぬやしき」☆☆☆
 予告編を見たときは(主に、頭開いて公開日出すシーン)、もっとコミカルなのかな?と思っていたら、コミカルな話ではなかった。
 原作が漫画ということもあってか、端折ったんだろうねぇ。話のいくつかが中途半端だったり、所々甘く感じる部分もあるけど、まぁまぁ楽しめたな。

 立川譲「名探偵コナン ゼロの執行人」☆☆☆
 予告編を見たときは、「安室とは何者なのか?」という物語なのかと思いきや、東京地検公安部と、警視庁公安部、そして検察庁の三つ巴の正義の対立が描かれるという内容。
 ・・・これ本当に子供向けか?どこまで子供が着いてこられるんだ?この物語は?
 IoTハッキングテロとか、警察内部の腐敗とか、公安の非合法行為とか、「名探偵コナン」(って、年一回の映画しか見ていないんだが)というより「相棒」みたいな展開。
 それにしても、映画では冒頭の舞台説明=「最後の爆破箇所」と思っていただけに、今回の冒頭は驚いた。

 もう壱本見たいが、上手くつながる映画がないな。
 仕方ない。
 撤収。


ここに掲載されているデータは、バナーを除き転載厳禁
当WEBの文章の著作権は、YaNacが保有する
このページはリンクフリーだ!!リンクは
 http://www.yanac.jp/ 
(つまりこの前のページ)に張ってくれ
事後で良いから、リンク張ったと連絡してくれるとうれしいぞ!
バナーは下だ!!
バナー

たぶん、無視するだろうが苦情はここだ!!
意見、感想、挑戦状、なんでもここだ!!
アホな意見(例)は名前、メアド等
を含み、公開処刑するので覚悟しろ!!
電子手紙