貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

欲望だけが人類を変える

製作総指揮 : YaNac
(本 Web ページは、原則として敬称略で文章が作られている)

−最終更新日−
2020年10月24日
(新日記はこの下で連日更新)


10/27
「探検隊の栄光」
「キングスマン」
上記弐本を映画批評・壱に追加



10月24日 [「ダストボックス2.5」読了]

 高津カリノ「ダストボックス2.5」5巻(スクウェア・エニックス/漫画)購入 & 読了
 Kindleなので、感覚としては購入したというよりは、「降ってきた」かな。
 電子書籍は、予約した時点で購入は完了した感覚になるね。

 てなことはさておき。

 変態声優たちの物語(高津漫画って、奇人変人の日常漫画だよな)は今回も通常通り大暴走。
 ・・・って、えぇ!?
 そういう理由で、そういう展開になるの!?

 と、最後の最後で驚く。
 次巻で完結かぁ。
 楽しみに待とう。


10月22日 [「TORQUE G04」不調]

 ・・・あれ?
 主力のスマホ京セラ「TORQUE G04」がおかしいぞ?

 なんかやたらとアプリの自動アップデートがたまっているなぁと思っていたら、wifi接続できなくなっている?
 気が付かずに、無駄に通信容量を使ってしまった。
 致命的なほどではないが。

 他の端末はつながっているので、AP側の問題ではない。
 ということは端末側だな。

 AndroidもiOSも、たまに再起動しないと色々と不具合起きるからそれかな?

 ということで、早速再起動。
 やはりか。
 無事に復活。

 よかったよかった。
 これで復活しないと、端末故障疑いで諸々めんどくさいことになるからな。


10月18日 [「ようこそ映画音響の世界へ」劇場にて鑑賞]

 本日は、午後から映画館へ。
 始めて行く映画館で、駅からちょっと距離があるのよね。

 連続してみるのに向いていない映画館は、久しぶりだ。
 最近はシネコンや、比較的映画館が固まった場所にばかり行っていたからねぇ。

 ミッジ・コスティン「ようこそ映画音響の世界へ」☆☆☆☆

 映画製作を扱った映像作品は少なからずあるが、「映画音響」(音楽ではない)に注力した映像作品は、始めてみるな。
 音響の歴史に絡めてのい話で大変面白いのだが、ハリウッド作品ということで、偽の音を入れる歴史の中で日本映画の話がほぼ無い(一応、黒澤映画の話が一瞬あるが)のが、物足りない。
 最大の不満は、なんといっても最期だろう。
 「今見えている未来」であったり「現状」を描いたりするのではなく、割と唐突に仕事論や家族論に着地してしまう。
 そっちに行っちゃうか〜

 興味深い良い映画ではあったが、最後のおかげで満足感が薄れたのがもったいない。
 かくもシメは難しいのか。
 残念。

 撤収。


ここに掲載されているデータは、バナーを除き転載厳禁
当WEBの文章の著作権は、YaNacが保有する
このページはリンクフリーだ!!リンクは
 http://www.yanac.jp/ 
(つまりこの前のページ)に張ってくれ
事後で良いから、リンク張ったと連絡してくれるとうれしいぞ!
バナーは下だ!!
バナー

たぶん、無視するだろうが苦情はここだ!!
意見、感想、挑戦状、なんでもここだ!!
アホな意見(例)は名前、メアド等
を含み、公開処刑するので覚悟しろ!!
電子手紙