貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

欲望だけが人類を変える

製作総指揮 : YaNac
(本 Web ページは、原則として敬称略で文章が作られている)

−最終更新日−
2021年 7月31日
(新日記はこの下で連日更新)


10/27
「探検隊の栄光」
「キングスマン」
上記弐本を映画批評・壱に追加



 7月31日 [「ザ・ラスト・マーセナリー」配信にて鑑賞]

 夏休みは日曜で終わり。
 月曜からは平日が返ってくる。

 ふぅ・・・

 この情勢下なので、世間の休みの日はとりあえず引きこもろう。

 Netflixにて、昨日から配信の始まったデビッド・シャロン「ザ・ラスト・マーセナリー」☆☆☆☆
 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアクションコメディ。
 ジャン=クロード・ヴァン・ダムが、開脚するっ!!!飛ぶっ!!!走るっ!!!ハイキックするっ!!!
 御年60歳とは思えぬ、見事なアクションを披露するっ!!!そして笑わせるっ!!!

 親の成長、子の成長を取り扱った家族ものでもあるが、あくまでもジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアクションコメディ。
 いいんだそれで。

 少なくとも「お父さんの映画をTVでやると友達に笑われる」などと言われへこむ役(あの映画はあの映画で面白かったが、自虐ネタなので悲しくもあるのだ)よりは、こっちの方が素直に楽しめる。

 十分に満足できたぞっ!!


 7月30日 [「ブラック・ウィドウ」「ザ・ファブル」劇場にて鑑賞]

 今日も、昨日と同じ方法で映画館へ。

 ケイト・ショートランド「ブラック・ウィドウ」☆☆☆☆
 MCU最新作。
 「シビルウォー」でアベンジャーズが分裂した後の話。
 疑似家族物であり、“次”につなげるための物語。
 ブラック・ウィドウのキメポーズをネタにする下りなど、「そこを突っ込むか」というポイントもおおく、けっこう楽しい。
 強さを強調していた“父親”の強い所を見せてほしかったとか、あれだけ言ってたにもかかわらず、ドレイコフの亡骸を写さないのは、年齢制限回避なのか、次への伏線なのか・・・とか、細かくは色々あるが、総じて楽しめた。

 江口カン「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」☆☆☆☆
 ザ・ファブル弐作目。
 もうちょっと話を刈り込んで、アクションシーン重視で短い映画にした方が良かったかもね。
 xxの殺害がooである、なんてぇのをあんなに引っ張られても・・・って感じてしまうし、その割に彼らは盗撮をどうやって知ったの?という部分が謎。しかもカメラ撤去されていないんだよなー。
 等、物語的には不満もあるが、アクションシーンは十分に楽しめたので、まぁ、良いか。
 期待していたのは結局そっちだし。その意味では満足できた。

 今日もここで時間切れ。
 撤収。


 7月29日 [「ジャングルクルーズ」「少女歌劇」劇場にて鑑賞]

 本日は昼過ぎから映画館へ。
 電車のなるべくすいている時間に映画館に向かい、会社から買える人々のピークを終えてから電車で返る。
 この情勢下における移動で注意できることはこの程度だ(そもそも移動するな、という指摘もあろうが)。

 とにかく映画館だ。

 ジャウム・コレット=セラ「ジャングルクルーズ」☆☆☆☆
 ディズニーランドのアトラクションをもとにした映画も、何本目だ?その最新作。
 ロバート・ゼメキス「ロマンシング・ストーン」あたりを、思い出すような思い出さないような、冒険もの。
 胡散臭い船長や、呪われた男たちと、その呪いの解除〜という要素は「パイレーツ・オブ・カリビアン」でも使っていたもので、正直、物語的に新しいところはない。
 気軽に見て、見ている間は楽しめて、それではいお終い。
 そういう映画としては十分に楽しめた。

 古川知宏「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」☆☆
 一部で評判が良かったので劇場に突入。
 正直言えば、突入は失敗。漫画?TVアニメ?ゲーム?どれが元なのか分からんが、最低限の知識がないと、まるで何が起きているのか分からない。
 心象描写と思しきバトルシーンは、突入の仕方も描き方含めて面白いのだが、一対一の組み合わせや、その戦いの内容、意図、意味が分からないので「???」の大集合。
 映像的には面白いんだけど、こう「なんなんこれ?」「あれはどうなったん?」の集合体になってしまい、とても納得が行かない仕上がりであった。

 なにはともあれ時間切れ。
 撤収。


ここに掲載されているデータは、バナーを除き転載厳禁
当WEBの文章の著作権は、YaNacが保有する
このページはリンクフリーだ!!リンクは
 http://www.yanac.jp/ 
(つまりこの前のページ)に張ってくれ
事後で良いから、リンク張ったと連絡してくれるとうれしいぞ!
バナーは下だ!!
バナー

たぶん、無視するだろうが苦情はここだ!!
意見、感想、挑戦状、なんでもここだ!!
アホな意見(例)は名前、メアド等
を含み、公開処刑するので覚悟しろ!!
電子手紙